02
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
--
>>
<<
--
MOBILE
qrcode
OTHERS
SPONSORED LINKS
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | pookmark |
12/21(土)交流戦スケジュール

スケジュールになります。

| - | pookmark |
【更新:11/26】第23回 港北区民サッカー大会

秋の港北区サッカー大会。残すところ1日です。

グランドでの注意事項。

応援の場所を指定していますのでご確認ください。

また、車両関係の注意事項の徹底お願いいたします。

 

【区大会日程】

●11/3(日)

●11/4(月)

●11/24(日)→中止

●12月1日(日)

 

会場:横浜市立高田小学校

 

 

 

| - | pookmark |
【更新:10/30】第51回 横浜国際チビッ子サッカー大会(結果)

全て試合は終了しました。

1部でできた経験は選手一人一人にかなりの財産になったかと思います。

最後の最後のゴールは素晴らしいものでしたね。

あの涙、悔しさ、区大会で晴らしましょう。

区大会も引き続き、4年相手の試合が多いですが、この強度の中で目指すべき目標が少しでもできるようになればと思います。

頑張っていきましょう。

 

U10−1−7ブロック

○青葉FC-B(幹事)

・JFC-FUTURO

・エストレーラFC

・白根SC

・西本郷FC

・あざみ野FC-A

・CFC

| - | pookmark |
第3回 CIELO CUP U-9大会

10月26日(土)CIELO CUP詳細になります。

【注意事項】

・駐車場は施設駐車場ですが、U9/3台・U8/1台でお願いいたします。

それ以外は、施設外の有料駐車場ご利用ください。

・駐車場会場→7時以降

 

| - | pookmark |
【更新:8/7】サーラフットサルフェスタ2019 & 翌日の練習試合

スケジュールの確認お願いいたします。

↑クリック拡大

 

【結果】

◇予選

vs JFCFUTURO ●1−2

vs 磯子SC △1−1

vs 大和南 ○10−0

※2位通過

◇2位パートトーナメント

vs 東海岸 ○1−1(3PK2)

vs 大豆戸FC ●1−5

※2位パート2位

 

【総評】

今回は3つのテーマで挑みました。

どの試合も、テーマを意識していましたが、一生懸命になりすぎて、テーマを忘れる瞬間もあり、結果やられる場面も。

ただ、攻守の切り替えも早く、合宿でもテーマにしてきたことが試合に出て良かったかと思います。

後は勝ちきるためのメンタル。最後まで戦い抜くメンタル。

それは日ごろの練習から培っていくものだと思っています。

絶対的な技術を身につけ、体力の向上を目指せば、自信を持って挑めるメンタルがつくられると思います。

なので、練習から意識を高く挑んでいきましょう。

そして、

翌日は、この反省を活かし練習試合。

 

HIPさんと港北FCさんと試合をしていただきました。

 

前回のテーマを意識し前日の5人制から8人制でチャレンジ。

結果的には、初戦は負けたものの、内容はとても良く相手を観察しながら試合運びができたと思います。

ただ、まだ団子になってしまう部分が見られます。団子の状態でも問題はないですが、そこでどれだけ観察しながらプレーができているか・・・ボールウォッチャーになりすぎて、相手の隙を付ける場面を逃しているようにも感じます。

この辺りも攻守の切り替えの中で、どう、何を考えるのかを伝えていかないといけないですね。

 

それでも、だいぶ面白いサッカーをできるようになってきました。

ハードワークは常にしたいなぁ〜

 

| - | pookmark |
交流戦(SCH日曜スクール/横三サマーフェス)

秋に向けて、新メンバーで挑む中、早速交流戦を行い今いる立ち位置を確認できました。

 

この夏のテーマとしては3つ。

ヾ僂襪海箸僚斗彑を感じる、行う

▲櫂献轡腑縫鵐阿魄媼韻靴浸邱膠燭

最後まで戦うメンタル面

 

今まで、勢いで行っていた部分、試合の経験値が少ない部分、色々と向上していかなくてはいけないなか、攻撃においても守備においても観ること、首を振ることを徹底したい。その中で情報を集め、最適な判断でプレーすること。

大人でも難し中、今のうちに観る癖はつけておきたいですね。

攻撃では、ゴール・味方・敵・スペース・数的不利なのか、数的有利なのか観ておきたいです。

守備では、自分のマークは当然ながら、状況を把握し次への判断の材料として観ることをしたいです。

普段から癖をつけていきたいですね。

 

また、交流戦では、どのような位置からの攻撃が良いのかを意識したポジショニングをできる場面もあり、つなぎつつも要所要所で技術を発揮しゴールにつなげる場面も多々見ることができました。

 

積み重ねていきましょう。

 

【PHOTO】

 

| - | pookmark |
【更新:7/12】第1回CSPCUP 【優勝】

ご確認ください。

車に関しては、1台のみ駐車OK。その他は有料駐車場ご利用ください。

↑クリック拡大

 

【結果】

◇予選

vs FC小坂B ○9−0

vs 駒寄滝ノ沢FC ○8−0

vs PSTCロンドリーナ ○3−0

◇チャンピオンリーグ

vs サザン ○3−0

vs PSTCロンドリーナ ○2−0

vs カルペソール湘南 ○2−1

☆優勝☆

 

【総評】

→今回はフットサルでの大会。切り替えの速さ、我慢強く継続する守備、攻撃時にいかに2対1の状況をつくるのか。。。

といったところがテーマでもあります。

その中で、選手一人一人は、狭いスペースながらも縦横無尽に走り、かつ味方の動きを見ながら、空いているスペースへのポジションをとりながら、攻守ともに躍動できました。

そして、今回の一番は、狭い中でも顔をあげ狙いを持ちながらプレイできたこと。

結果全勝につながりました。

雨の中での戦いでしたが、優勝もしたので帰りは冷えきった体を温めに、銭湯にGOしてきました。

【PHOTO】

 

 

| - | pookmark |
【更新:6/25】 第35回港北区サッカー協会大会(スケジュール&注意事項&結果)

スケジュール&注意事項となります。

ご確認ください。

6月からスタートします、区大会、組み合わせとなります。

 

【総評】

●最終日

vs 港北FC ○4−1

vs 太尾FC ●0−2

→決勝トーナメント進出できずで、選手たち各々は逆に競技的な部分において、戦わなくてはいけないと感じることができた試合。

楽しい要素を、少しレベルアップさせる。そんな学年になってきたなぁ、と。

その中でも、最終試合は決定力のなさが出たかと。

決めきるメンタル・技術は、やはり練習の積み重ねが、余裕を生むのかもしれない。そして、止める・蹴るの技術の向上がさらに必要と感じました。

ただ、前回の決勝戦よりも、やりたいことができたのではないかと感じる部分もあります。

攻撃においては、個人のみでなく、狭いエリアでの連携、守備においてはさらに速さを増したプレス。その中での判断ミスはありますが、この繰り返しにより確かなものにしていくしかないです。

そういう意味では、とても良い試合ができたのはないでしょうか。

こだわっていきましょう。

 

●二日目

vsつばめSC ○6−1

vs横浜SCつばさ △0−0

 

●初日

vs駒林SC ○3−0

vs菊名SC ○8−0

→全体の動きがとても良かったです。一人一人が味方に任せるのではなく、躍動していたように感じます。

ただし、更なる高みを目指すためにも、まずはプレスの速さを追求し、それに対し2枚目、3枚目の対応もできるようになっていってほしいです。失点がないことが、結果的にできているように感じますが、まだまだ足りなく感じます。

常にストイックでいてほしいと思います。

また、攻撃においては、初戦の3点目。エストにしては珍しい連携からの素晴らしいゴールでした。

これも一人一人の技術の高さがあってこそのゴール。日ごろの練習から、個人に磨きをかけている部分と連動した動きの繰り返しのトレーニングの結果かと思います。

なかなか、勝ち上がるには難しいブロックではありますが、日ごろの成果を出していきましょう。

 

○Bブロック

・横浜SCつばさーA

・太尾FC-C

・エストレーラFCーB

・篠原つばめSC−B

・菊名SC−B

・港北FC−B

・駒林SCーB

 

【大会名】

第35回 港北区サッカー協会大会

 

【大会形式】

8人制・15分ハーフ

 

※ブロック、上位2チームが決勝トーナメント進出

| - | pookmark |
【更新:5/14】第46回 横浜市春季少年サッカー大会(結果)

目標の予選1位突破を見事はたせました。決勝トーナメントはチャレンジになります。

頑張っていきましょう。

【PHOTO】

-------------------------

【大会名】

第46回 横浜市春季少年サッカー大会  決勝トーナメント1回戦

【結果】

vs カルパFC △0−0(2PK3) 負け

【総評】

決勝トーナメントを進出し、1回戦。トーナメント独特の緊張感がある中、選手たちはいつも通りの表情で、いつも通りのUPができました。UPへの意識も高く、誰ひとりとして手を抜いている選手はいなかったです。

その結果、立ち上がりから、エストのハイプレスがはまっていたような気もします。

相手のつないでくるパスに対し、一枚目のプレスの速さ、2人目のパスカットを狙った守備。現時点では良くできていたのではないかと思います。ただ、奪った後に攻撃への展開の際に、攻撃する選手、守備に回ってしまう選手と別れてしまうことにより、真ん中がぽっかり空いてしまう場面がありました。ここでも、攻撃参加の為、こぼれ球を拾う為、押し上げれるだけの体力がもっとほしいところですね。攻撃の人数をかけるため、味方との距離を縮めるといったとこですね。

攻撃に関しても、積極的なドリブル攻撃ができたように思います。

とことん攻撃はこだわっていきましょう。

ただ、強豪カルパさん相手に良くできたかな☆区大会も頑張っていきましょう。

 

たくさんの応援ありがとうございます。

-------------------------

【大会名】

第46回 横浜市春季少年サッカー大会 U10−15ブロック
【試合方式】
・8人制・15分

【総評】

初戦から、勢いのある試合を見せてくれました。

攻撃の迫力と、守備への意識の高さ。

特に、このブロックにおいて4年生を相手にする試合も多い中、失点を4と、ブロック最少失点で抑えることができたのは今回の結果につながったのではないかと思います。

明確なポジションはありませんが、全体の絶妙なポジショニングと、相手の攻撃を相手陣地からプレスをかけ防ぐ攻撃的な守備は、まさに理想の形でもありました。

ただ、もっといえば、プレスの甘さが、4失点につながった部分も否めません。

この部分においては更なる磨きをかけ、積極的なプレスから相手に何もされない守備を行い、自分たちのサッカーをできるようにしていきたいですね。

何にしてもエストのサッカーは走らないといけません。全員攻撃・全員守備を今の段階でもっと強力にしたいとこですね。

攻撃の部分で言えば、中央突破のドリブルができるようになっている中、選択肢として、ワンツーやスイッチ、中が詰まればサイドからの攻撃など、種類を増やしていきたいとこです。ただ、目的はゴールでもあるので、ゴールに一番近い道、中央からの打開を一番に考えたうえでの攻撃にしていきたいですね。

いよいよ決勝トーナメントもスタートしますが、「あーすればよかった」、「こうすればよかったと」そんな反省は終了後にはしたくないですね。やはり、今やれることを前半からぶつけて、そのうえでの今後の反省にしたいです。

なので、相手のレベル、引き分けたら、勝ったら次はどこ・・・と色々考えはでてきますが、目の前の試合に対し自分たちのサッカーをすることに集中してい挑んでいきたいですね。

 

保護者の皆様、予選での応援ありがとうございました。引き続き応援よろしくお願いいたします。

 

| - | pookmark |
4/20(土)ロッソ招待杯 (スケジュール/結果)

スケジュールになります。

結果

| - | pookmark |
1/8PAGES | >> |