06
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--
MOBILE
qrcode
OTHERS
SPONSORED LINKS
<< 秋市大会・3日目結果(10/1) | top | 練習試合(勝田SC) >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | pookmark |
秋区大会・開幕!(11/3・5)

※数枚写真をUPしました。(11/9)

少なくてスミマセン・・・(ひかわ)

 

秋の区大会のが、11/3・5に行われました。

 

結果は、↓の通り。

 

---------------------------

■11/3(金祝)

vs篠原つばめB 3-0○

得)シュンタ・カナメ

---------------------------

■11/5(日)

vs大曽根B 3-0○

得)カナメ・シュンタ・タクヤ

  

 

vs横浜SCつばさC 4-0○

得)シュンタ(PK)・チヒロ

 

---------------------------

秋の区大会が、開幕しました。

7チームで予選リーグを行い、上位2チームが決勝トーナメント進出となります。

 

市大会では、1部リーグで年上との戦いの中で、なかなか勝利を得ることはできませんでしたが、その中で経験したことを、この区大会で出すことができればと思います。

初戦の篠原つばめB戦。まずは、予選突破のために、この初戦をしっかりと勝利しよう、と試合に臨みました。

立ち上がりから攻撃的にプレーすることができ、前半の早い時間帯に得点することが出来ました。

その後も、追加点を奪い、3-0で勝利。目標である初戦を勝利することが出来ました。

 

ただゲーム内容としては、自分たちのパスミスからピンチを招いてしまう場面があったので、仲間がいるからパスを選択するのではなく、相手の状況を観て、ドリブル・パス・シュートの判断ができれば、もっと良くなると思います。

 

なかなか難しい部分がありますが、現在自分たちでチャレンジしているところなので、失敗を繰り返しながら、少しずつ成長できればと思います。

 

2日目は、大曽根BとつばさCと対戦。

大曽根B戦は、立ち上がり攻め込むものの、判断が悪く、なかなか得点が奪えません。前半10分にカナメがゴールを決めて先制。

後半も良い形は作るものの、シュートを慌ててしまいましたが、シュンタ・タクヤがゴールを奪い、3-0で勝利。

タクヤのゴールは、センタリングをGKの前で触るという練習していた形だったので、素晴らしかったです。

 

守備の面では、相手が蹴ってくるボールに対して、後ろにそらしたり、マークを外してしまったり、カバーリングのポジションが悪かったりと、失点はしなかったものの、反省すべき点が多くありました。

 

つばさC戦は、練習試合でもよく対戦している相手。お互いに負けたくない気持ちで試合に入りました。

立ち上がりから試合の入りもよく、ドリブルで相手陣内に攻め込みます。

前半2分、右サイドからドリブルで仕掛けたカナメがエリア内で倒され、PKを獲得。それをシュンタが落ち着いて決めて先制!

 

先制点を奪うことによって、自分たちのペースに持ち込むことが出来ました。

その後も、速いプレッシャーで相手からボールを奪い、テーマであるドリブル・パスの判断もよくなり、相手ゴールに向かっていきます。

前半8分には、ゴール前で相手のクリアをチヒロが詰めて、追加点! 続く9分には、またもカナメがドリブル突破からPKをもらい、これをシュンタが決めて3-0。前半、とても良い形で試合を進めることが出来ました。

 

後半も同様に、攻撃的に試合を進めることができ、後半4分に左サイドでリオンが前に進めないと判断し、横にサポートについたシュンタへパス。シュンタはスパースへ運びながら、右サイドのカナメを探しつつ、相手が右サイドをふさいだところを観て、中央に出来たスペースへドリブルで差し込み、見事とゴールを決めました!

 

このゴールは現在トレーニングで目指しているプレーが集約されていました。

リオンの判断、カナメのボールをもらう動き、そしてパス・ドリブルの判断の中で、相手の状況を観てドリブルで差し込んだシュンタのシュートと、素晴らしい判断からのゴールでした。

このゲームでは、同様のプレーをたくさん見ることができました。

 

このほかにも、左サイドMFに入ったライアは、左サイドで相手をよく観て、パスと見せかけて相手の間にドリブルで入って行き、何度もチャンスを作っていました。

しっかりと顔が上がって、状況判断出来ているので、とても効果的なプレーが多かったです。

ライアは、昨年から継続してサッカーノートを書いています。私も時々コメントしていますが、自分のプレーを振り返り、そして次の目標を持つ、というサイクルが出来上がっているので、サッカーの理解度がとても高いです。

その結果が、プレーにも出ているのだと思います。これからも継続してもらいたいです。

 

また攻撃だけではなく、コウスケ・ケイシ・リオンのDF陣、そしてGKのコウキの守備もとてもよかったです。

つばめB戦や大曽根B戦で課題であった、浮き球の処理やカバーリングもきちんと声をかけ、出来ていました。

マークのポジショニングからインターセプトを狙い、相手を自由にさせることがなかったのも、自分たちが攻撃的にプレーできた大きな要因だと思います。

 

GKのコウキも、DFラインの裏に抜けたボールをしっかりと処理することが出来ていました。少しずつ経験を積んで、ミスが少なくなり、成長を感じました。

 

選手たちには、このつばさ戦のように、自分たちが目指すプレーを、試合開始から自分たちのペースで出来るようになろうと、あらためて伝えました。選手たちの自信に満ちた顔が印象的でした。

 

この後の残り3試合も、今回のようなプレーが出来るように、またしっかりと練習して準備していきたいと思います。

 

予選終了後には、練習試合でつばささんと15分×3本を行いました。

結果は、↓の通り。

 

---------------------------

■練習試合(15分×3本)

vs横浜SCつばさ 0-0△

 

vs横浜SCつばさ 4-1○

得)アイリ・シュンタ

 

vs横浜SCつばさC 3-0○

得)カナメ◆Α?

---------------------------

練習試合では、区大会予選で出場機会が少ない選手が中心に出場しました。

 

アイリは自主トレの成果もあり、ハットトリックを達成することが出来ました!

ライア同様、ここ1ヶ月くらい、サッカーノートを書いて、自主トレの日記をつけています。練習の成果が出て、とてもよかったです。これからも続けましょう!

 

チヒロは、FWだけなく、DFとしても素晴らしい判断でプレーしていました。ダイスケコーチがとても褒めていました!

 

ダイチは風邪明けでしたが、元気にプレーしていました。得意の右サイドMFでは、得点こそなかったものの、サイドに出たスルーパスをファーストタッチでゴールに向かい、チャンスを作っていました。

 

ユウトもトップでは得意の形でシュートを狙っていました。チャンスが来るところにいるのは、ユウトの長所だと思います。

トップだけでなく、MFやDFも役割も、少しずつ覚えてきましたね。

 

ワタルは、右サイドDFで、課題であったカバーリングも理解してきました。そして、アドバンスクラスで磨いているテクニックで、積極的にチャレンジ出来ていました。

 

タクヤは、長所であるスピードを活かしたドリブルでチャンスを作っていました。ゴールに向かっていく推進力は、素晴らしいです。シュートをイメージしてドリブルできるともっと良くなると思います。

 

次戦は、11/23です。次の試合に向けて、しっかりと練習していきましょう!

 

保護者の皆様には、朝早くから応援ならびに会場設営・片付けのご協力頂き、誠にありがとうございました!

引き続き、温かい応援よろしくお願いします!

 

(奥村)

 

| - | pookmark |
スポンサーサイト
| - | pookmark |
Trackback
URL: